【お見合いの会話】話題はテンプレート化!大切なのは楽しむこと!

こんにちは。たかです。

お見合いで何を話したら良いんだろう?

相手にどんなことを質問したら良いの?

たか

質問すべき内容は大体決まっているので、それをお見合いの中で自然な流れで聞ければOKです!

ようやく迎えたお見合い当日。プロフィールを読んでいるとはいえいきなり初対面で1対1で小一時間会話するとなれば、むしろ緊張して当然です。

ですが、お見合いの会話の流れはある程度テンプレート化が可能です!

そこで今日は、202人とお見合いをした僕がその経験を基に作成した「お見合いテンプレート」を中心に、

  • お見合いテンプレートの具体的な内容
  • テンプレートを活用するメリット、意義
  • テンプレートを作成するに至った経緯

についてお話しします。

この記事を読んで、お相手とのお見合いが楽しい時間になることに役立てたら幸いです。

目次

お見合いの流れはこれでほぼOK!「お見合いテンプレート」

「いきなり初対面の人と1時間会話」

大抵の人は何を話したら良いかに困るのではないでしょうか。

ならば何を聞くか、どんな話をするかを事前に準備してしまえばそうした不安は解消することができます。

そこで僕が編み出したのが「お見合いテンプレート」です。

これは1時間の中でどんな話題、質問をしていくかをまとめたものになります。

たか

お見合いテンプレートを活用することで、人見知り気味の僕でも大体の初対面の人と1時間程度会話をすることが苦ではなくなりました。

では早速、実際の「お見合いテンプレート」の中身を概要と詳細に分けてそれぞれ説明します!

お見合いテンプレートの概要

  • 仕事
  • 休日の過ごし方
  • 食べ物の好き嫌い、お酒の好み
  • 長期休暇の過ごし方
  • 兄弟がいる方なら兄弟について

え?たったこれだけで1時間も会話が持つの?

たか

それぞれ掘り下げていけば、あっという間に時間が過ぎていきますよ。

ここからはそれぞれの話題をどうやって掘り下げていくかを解説します。

仕事

まず、お相手が1日の大半を費やしているであろう仕事について質問していきましょう。

  • 土日休みか平日休みか
  • どんな仕事をしているのか(プロフィールの内容をより具体的に)
  • 忙しいのか(忙しいのは一時的なのか)
  • 仕事が早く終わった日にどう過ごしているか

この質問をすることで、お相手の生活スタイルがある程度見えてきます。

同時に、自分の生活スタイルと照らし合わせてこの先デートをしていけるかなどの判断にも役立ちます。

休日の過ごし方

たか

オンの部分について質問した後は、オフについても聞いてみましょう。

休日にどんな過ごし方をしているかも個性が出ます。

アクティブな人だったり、インドア派だったり…人によって答えは様々です。

趣味などはプロフィールにも書いてありそこから休日の過ごし方もある程度推測できるので、

お相手の趣味について簡単に下調べをしておいて当日の質問を用意しておくのもアリです!

食べ物の好き嫌い

休みの日の過ごし方を聞くと、

友達とご飯に行ったりすることが多いです。

という答えが返ってくることが多いので、その流れで食べ物の好みを聞いてみましょう。

意外と食べ物の好みは重要です。

たか

以前食べ物の好みが全く合わない人とデートした際は、お店選びにとても苦労しました…

しっかり聞いた内容を覚えておいて、交際成立後のデートのお店選びにも活かせます。

また食べ物だけでなく、お酒についても飲むか飲まないかや好みの種類などを聞いておくとさらにお店選びで失敗する可能性を減らせます。

長期休暇の過ごし方

新型コロナウイルスが流行り出す前までは、大体の人が「旅行」と答えていたので

  • これまで行って良かった旅行先
  • これから行ってみたい旅行先

について聞くことが多かったです。

今は旅行以外の答えが返ってくる可能性がありますが、普段の休日とは違うお相手の過ごし方を知ることができます。

兄弟について

プロフィールにはお相手の家族構成も書かれているので、

  • 小さい時どんなことをして遊んでいたか
  • いつ頃まで一緒に暮らしていたか
  • 今も連絡は取っているか

などを聞くことでお相手の人となりが見えてくる可能性があります。

たか

プロフィールを見る限りで複雑な家族構成とわかる場合は、無理に質問することは避けましょう。

テンプレートを活用するメリット、意義

テンプレートの内容についてお話ししてきましたが、このテンプレートを使って会話することでどんなメリットがあるのでしょうか?

また、どのようにしてテンプレートを活用していけば良いのでしょうか?

「お見合いテンプレート」のメリットと意義について解説します。

「浅くもなく」「深くもない」話題が盛り込まれている

まず大前提としてお見合いの目的は「交際につなげること」、そしてそのために「お相手に『この人と過ごす時間は楽しかった』と思ってもらうこと」です。

そのために話題選びと言うのは重要な要素になってきます。

たか

例えば、初対面でいきなり「子供が何人欲しいか」「結婚してからの仕事はどうしたいか」などを根掘り葉掘り聞かれたらどんな印象をお相手に抱きますか?

デリカシーがないと思うし、交際はお断りしちゃうかな…

つまり、初対面のお見合いの場では「深い話」は禁物なのです。

かと言って何も質問せずにいてはお相手と交際するかの判断が難しくなってしまいます。

このためお見合いの場では「当たり障りのない話」が求められ、お見合いテンプレートはこうした話題ばかりを盛り込んでいるのでお相手の地雷を踏む可能性を下げつつお相手のことを知ることができます。

お相手ごとの反応を比較できる

たか

会社で採用面接をする際に、採用者側は応募者ごとに質問内容を大きく変えたりはしないですよね?

確かに!同じ質問をしていった方が両者の比較がしやすい!

お見合いを採用面接と一緒にするつもりはありませんが、お相手に交際希望を出すかを判断するうえで「他者との比較」が必要な場面が出てきます。

お見合いの場で言うと、「テンプレートの質問をし終えるまでの時間」にはっきりと違いが出てきます。

たか

ただ聞かれたことに答えるだけのお相手だとテンプレートの質問は30分もかからず終了してしまいますが、話を広げようとしてくださるお相手であれば質問しきれないうちに1時間が経ってしまいます。

もちろん自分自身が会話を盛り上げようとする努力は必要ですが、片方が一方的に頑張るものではありません。互いに盛り上げようと努力し合うからこそ素敵な時間が育まれます。

お相手とのデートプランをイメージできる

仕事や食べ物についての質問を含めているのには理由があります。

たか

ズバリ、「次回のデートにつなげるため」です!

お相手の情報をお見合いの中で仕入れることによって、次回デートの計画を決める時に

平日はお仕事でお忙しいとのことだったので、
お休みの土日でお会いしませんか?

先日のお見合いでは「和食が好き」とおっしゃていたので、
〇〇の和食屋さんに行ってみませんか?

と、「ちゃんとお見合いでのお話を忘れていませんよ」といったアピールをしつつデートの調整もスムーズに進めることができます!

注意点:テンプレートどおりの会話にこだわる必要は全くなし!

ここまでテンプレートのメリットについてお話をしてきましたが、個人的には「テンプレートを使って質問すること」に囚われないようには十分にご注意いただきたいです。

「質問をしなきゃ…」と勢いよく質問をし過ぎてしまうと、お相手からは質問責めにあったような気分や面接されているような気分に陥ってしまい交際には発展しにくくなります。

たか

テンプレートの活用は「交際につなげる」という目的に対する「手段」です。目的と手段を履き違えないように注意しましょう。

あくまでも「お相手とのお見合いを楽しむ」という本質が抜け落ちてはいけません。

その場の流れによっては、「テンプレートを使わない」という判断もできるようにしましょう。

テンプレートを作成した経緯

そもそもどうしてお見合い用にテンプレートを作ろうと思ったの?

たか

きっかけは婚活中の先輩からの質問でした。

きっかけはお見合いを控えた先輩からの質問

僕の婚活に興味を持ち、結婚相談所への入会を決意した先輩から

先輩

今度初めてお見合いすることになったんだけど、何を話したら良いか分からないから教えてくれ!

とのLINEが来たのです。

たか

確かに一人ずつに対しては話題を事前に考えることはしてきたけど、先輩にそれをどう上手く伝えようか…

この時既に127人とお見合いをしていましたが、答えをまとめるのには少々時間がかかりました。

お見合いの話題は大体いつも一緒

しかしながら改めてこれまでのお見合いを振り返ってみると、大体お見合いの会話の内容はどの人としても似通っていることに気づきました。

もちろん人によって細かい内容は変えていましたが、大体どの人とも話すような話題を集約してテンプレートの形式にしてしまうということは不可能なことではないと考えたのです。

たか

お見合いの会話をテンプレート化できれば、先輩の役にも立てるうえに自分自身のお見合いにも活かせる!

こうして、自作の「お見合いテンプレート」が完成したのです。

まとめ:お見合いの本質は「楽しむ」こと。テンプレートを上手に活用しよう!

自作の「お見合いテンプレート」について解説をしてまいりました。

繰り返しになりますがお見合いはあくまでも「初対面のお相手との会話を楽しむ場」であり、決して「お相手を査定する場ではない」ということをご留意ください。

その中で、お相手に何を聞こうか困った際にはテンプレートの話題を駆使して楽しい会話に繋げていただけたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回はいよいよお見合い終了後にできる最後の一押しについて解説していきます。

お見合い全体についての流れを再確認したい方は、こちらの記事も参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代から街コン、アプリ、婚活パーティなどの経験を経て30歳で結婚相談所に入会。その後約2年間で200人以上とお見合いの末、成婚。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる